米織・米沢市の歴史

 
 
米織・米沢市の歴史

山形県米沢市およびその周辺で産出する絹織物の総称。江戸時代中期,米沢藩主上杉治憲 (鷹山) が,越後から織工を招き,製織業を伝えたのに始る。米沢紬が有名で,琉球紬に似ているところから,米沢琉球紬,米琉ともいう。真綿から引いた手紡ぎ糸あるいは玉糸を用いた平織組織の横絣で,銘仙より格が上とされて,男女の着尺や羽織地に愛用された。大部分が,絣紬であるが,模様物や白紬もつくられた。明治以後は,長井地方を中心に生産され,長井がその集散地にあったため,長井紬と呼ばれ,独自の品質をつくり上げた。昭和の初めに,お召の技術や,板締絣の技法が開発されて,白鷹お召という新製品が出された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典/小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について

TOP へ戻る